広島平和文化センターと包括的連携協力協定を締結しました

本学と公益財団法人広島平和文化センターは、12月12日に包括的連携協力協定を締結しました。

 本学は、平成25年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の採択を受け、「平和共存社会を育むイニシアティブ拠点」の形成を目標に事業を展開しています。この事業では、広島平和記念資料館との連携により、広島から「平和」を発信する様々な取り組みを進めてきました。資料館の唯一無二の価値を維持し、その国際的な使命を発展させる為、本学と教育・研究・調査等の側面から連携を深め、相互の活動を強固に展開し発展させていくことになりました。

 その後、包括的連携協定締結記念シンポジウムを開催し、一般参加者など50名以上の参加者を得て、木原康樹(地域連携担当)副学長、神谷研二(復興支援・被ばく医療担当)副学長、志賀賢治広島平和記念館館長がこれまでの取組みと今後の展望について、それぞれ講演を行いました。つづいて大学がこれまで実施してきた「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)中山間地域・島しょ部対策領域と障がい者支援領域の成果報告を行いました。

当日の様子はこちらでご覧いただけます。報道記事はこちら

dscn2545dscn2515img_2070