プログラムの特徴

地域と協働する「ひろしまイニシアティブ推進協議会」

本事業では、「ひろしまイニシアティブ推進協議会」が中心となって、地域の課題解決に向けた教育・研究・社会貢献プログラムを推進します。ひろしまイニシアティブ推進協議会は地域自治体、地域NPO、地域企業、教職員、学生等で構成される、新しい形の産官学・地域連携組織です。従来、教育や研究は学内に閉じられていましたが、本協議会は、地域自治体、地域企業、地域団体を構成メンバーとすることで、地域ニーズの抽出・検討から、現場体験を基本とする教育カリキュラムや地域志向型の共同研究の実施、地域社会への還元に至るまでを地域と大学が一体となって進める体制となっています。

地域志向型の教育・研究・社会貢献プログラム

地域社会と正面から向き合う地域志向型の教育・研究プログラムを実施します。「教育」では、学生が実際に課題現場に出向いてその課題に気づき、理解する、現場実習が中心です。「研究」では、地域の課題を解決に導くためのアプローチを地域とともに研究・発見・実施していきます。また、これらの活動の過程では、学生が直接地域の人たちと対話を行いながら意識の共有を図っていきます。このような活動を通じて、地域の教育力を大学での教育・研究活動に取り込み、地域の課題を学生が自ら学び、理解して、主体的に解決する力を養うとともに、学生の若い力による地域課題解決に向けた活動や研究成果を地域へと還元していきます。

中山間地域・島しょ部対策領域   ・障がい者支援領域  ・ひろしま平和発領域

全学部生が対象

広島大学ではこれまでにも地域貢献に繋がる様々な活動が行われてきています。しかし、こういった活動は、学部ごと、教員ごとに行われており、特定の学部・学科での実施に限られていました。つまり、総合大学としてのスケールメリットや多様な専門性は十分には地域に還元されていなかったと言えます。そこで、本事業では、既に実績のある様々な活動のノウハウを全学に広げることで、総合大学としての広島大学の力をこれまで以上に地域課題の解決へとつなげることを目指します。同時に、このような活動は、全学生が地域の視点を新たに得ることにもつながっていきます。

 

ひろしまイニシアティブ