第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展2018が開催されました

 本学が後援しているイベント「第三世代が考えるヒロシマ『 』継ぐ展2018」が開催されました。
 同展は戦争を体験していない世代(第三世代)が、若い世代や親子連れに向けた平和学習の場所を提供し、「体験」を伴った参加型の形をとりながら、携わった人たちの自主性を促す学びの場をつくることを目的に開くイベントです。
 本学は文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC)に採択された「平和共存社会を育むひろしまイニシアティブ拠点」(平成25年度~平成29年度)への取り組みを契機に、広島平和記念資料館との間で包括的連携協定を締結し、広島の地から平和を発信する取り組みを進めています。本学では、必修授業の平和科目をベースに、平和記念資料館での能動的な作業を通じ、卒業後も国内外で被爆の実相を伝承・発信することができる人材育成を目指しており、このような立場からこのプログラムに協力しています。
 本展は、宮城県仙台市にあるせんだいメディアテーク(8/10~15)にて開催され、広島サテライト会場は、CLiP HIROSHIMA(7/29~8/5)と広島平和記念公園(8/6)にて行われました。

 期間中は、企画展示に留まらず、参加して学べるワークショップが開催され、仙台会場1,185人、広島サテライト会場894人が訪れ、イベントは盛況のうちに終了いたしました。

 

(写真・左)本展の代表である久保田涼子さん。平和科目ひろしま平和共生リーダー概論の講師も担当いただいております。(→講義の様子はこちら
(写真・右)会場の様子。夏休み期間での開催もあり、親子連れや海外の方等、連日多くの方が訪れました。

(写真・左)ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビューでは、本学の嘉陽礼文研究員が紹介されています。
(写真・右)インタビューの内容は、冊子、WEB、ミニパネルの形で会場に展示されました。
HP ヒロシマの記憶を継ぐ人インタビューvol.6
http://tsuguten.com/interview_kayou/

(写真)当日の学生スタッフの活動の様子

 また、広島サテライト会場では、本学の学生ボランティアが数多く参画いたしました。
参加した学生の声を一部紹介いたします。

広島大学教育学部 第三類(言語文化教育系)日本語教育系コース4年 小川歩美

 今年も、8月6日の企画展のお手伝いをしてきました。
 驚いたのは、外国の方が例年よりもたくさん見に来られたということです!
 企画展のバーチャルのとうろう流し http://tsuguten.com/message/ で国外国内の色んな人のメッセージを見れることは私にとってすごく意味があると思います。
 大学で色んな国の人と知り合いになりました。
 日本だけじゃなくてどこの国も平和であってほしいと思いましたし、こんなふうに国籍を超えて友達になれる世の中に生まれた幸せ、そういう世の中を作ってくれた人への感謝を感じました。

(写真)灯ろう流し会場の様子

(学生の感想 全文)
HP 活動報告 広島ボランティアスタッフたちの継ぐ展に携わった感想です
http://tsuguten.com/activity_report/20180812-2/

本イベントは、今後も継続して行われる予定です。

第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展2018のその他の情報はこちらを参照ください。
公式HP http://tsuguten.com/
公式facabook https://www.facebook.com/tsuguten/
公式Twitter  https://twitter.com/h_tsuguten
公式instagram https://www.instagram.com/tsuguten/