広島平和文化センターでインターンシップを行いました

8月~9月にかけて、本学学生の小川歩美さんが広島平和文化センターにてインターンシップを行いました。小川さんより、感想をいただきましたので、お知らせさせていただきます。今後も引き続き、同センターと本学の連携を深めてまいります。

インターンの感想(実習先:公益財団法人広島平和文化センター)

小川歩美

 この度、8月9、10、18~20日と9月10日に、広島平和文化センターで実習をさせていただきました。
 推進課、啓発課、国際交流・協力課と、様々な部署を経験させていただき、よい経験になりました。このインターンシップに参加しなければ、平和文化センターという組織も、平和文化センターが行っている様々なイベントも知り得なかったと思います。想像していたよりもっと多岐に渡る平和に関する事業を抱えており、また資料館に来場する多くの人々を見て、広島平和文化センターは広島市や、日本、世界にとって重要な存在であることがわかりました。
 また、社会人の方々に交じって動いていく中で、今のアルバイトの経験がとても生かされていることに気付きました。ただ、職員の方々はやはり意識が違うなと思ったのは、職場のことを熟知していらっしゃるところです。職員の方に建物を案内していただいたときに、職員の方がその建物や平和公園の歴史やデザインに込められた意味などを説明してくださいました。このことに限らないのですが、職員の方々はお一人お一人が職場の顔として責任を持ってお仕事をなされているように感じました。