【7/30~8/6東京・広島】ヒロシマ「 」継ぐ展2017の開催について

本学COC事業が共催している「第三世代が考える ヒロシマ『 』継ぐ展 2017」が開催されます。
本イベントは、30代のクリエイター、アーティストが中心となり立ち上げた企画展です。
特に若い世代に向けて、平和学習の場所を提供し、戦争体験者と非体験者をつなげることを目的としています。企画展タイトル名の「 」には、情報を受け取るだけでなく、自ら意志を持って過去の出来事を学び、聞き、考えて、自分なりの答えを入れてほしいという思いがこめられています。
下記に詳細を案内いたしますので、興味・関心のある方は、奮ってご参加ください。

————————————

戦争を体験していない世代がつくる 参加して学べる企画展
「第三世代が考えるヒロシマ『 』継ぐ展 2017」が東京と広島で開催されます。

「第三世代が考えるヒロシマ『 』継ぐ展 2017」が、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校(7/30(日)~8/ 6(日))、CLiP広島(7/ 31(月)~ 8/ 6(日))、広島平和記念公園内とうろう流し会場(8/6(日))で開かれます。
展示に向けて30代のクリエイターが中心となり、宮城学院女子大学、広島大学の学生ボランティア、IT技術専門家を育成するデジタルハリウッドSTUDIOの受講生が企画・制作を行いました。
同展は、東京在住の30代が中心となり、若い世代や親子連れに向けた平和学習の場所を提供し、戦争体験者と非体験者をつなげることを目的に開くイベントです。
東京(中野)、横浜(みなとみらい)での開催を経て、今年で3年目になります。

「継ぐ展2017」メイン会場のIID世田谷ものづくり学校では、広島平和記念資料館所蔵資料や、広島大学の原爆瓦発送之会が収集した瓦や石を展示します。
また、広島の被爆者や平和活動者に行ったインタビュー取材の内容を文字に起こし、webサイト、パネルにまとめる予定です。
オープニングイベントとして映画「この世界の片隅に」のバリアフリー上映(日本語字幕・音声ガイド付)、子供たちの自由研究サポート教室、広島からお招きした被爆者との対話イベントなど来場者が「参加」しながら体験を継承できる仕組みを用意します。

サテライト会場のCliP HIROSHIMAでは、会期中に子供たちへの自由研究ツールの配布、8月3日(木)14時と19時に継ぐ展代表久保田涼子が、継ぐ展の企画から制作までを語ります。
そして、8月6日(日)14時に広島市伝承者養成事業1期生の保田麻友さんの講話イベントを開催します。

平和公園内継ぐ展ブースでは、3会場から送られるバーチャルとうろう流しを投影し、パネルの一部を展示致します。

WEBSITE : http://tsuguten.com/
Facebook : https://www.facebook.com/tsuguten/
Twitter : https://twitter.com/h_tsuguten
Instagram : https://www.instagram.com/tsuguten/
————————————

主催 ヒロシマ「 」継ぐ展 実行委員会
共催 広島大学COC
協賛 株式会社ファンプ、株式会社DMC広島日下医院、Palabra株式会社
後援 世田谷区教育委員会、広島市、公益財団法人広島平和文化センター、中国新聞社、朝日新聞、東京新聞、読売新聞,産経新聞、共同通信社、FMヨコハマ、NHK広島放送局、広島大学、世田谷区
協力 神奈川大学、関東学院大学、デジタルハリウッドSTUDIO、みなとみらいごはん部 、路上芸術祭実行委員会、世田谷区立平和資料館

<企画展全体に関するお問い合わせ先>
継ぐ展実行委員会
TEL : 080-1916-8638
MAIL : tsuguten2017@gmail.com