6/12実施,ひろしま平和共生リーダー概論(第1・2回)について

 平成29年度6月12日より、新たに平和科目「ひろしま平和共生リーダー概論」が開講されました。
本講義は、広島大学COC事業より新たに立ち上げた平和科目であり、「平和」の意味を「全ての人が共生できる社会」と捉え、そのような社会の実現に向けて身近な地域で課題解決に主体的に取り組むことのできる人材:「ひろしま平和共生リーダー」の育成を目指しており、基本的な地域課題を理解するとともに、課題解決に向けた基礎的な考え方・方法論を学ぶ動機付けとすることを目的とするものです。

第1回講義を担当されたひろしまイニシアティブ推進センター副センター長の塚本俊明教授(写真・右)

 本講義での「平和」の捉え方、「ひろしま平和共生リーダー」とは何かについてイントロダクションとなる講義が行われました。

 

第2回講義を担当いただいた平和科学研究センター長の川野徳幸教授(写真・右)

 『「平和」とは何か(「平和の諸概念」)』について、「平和」の概念やイメージ、学問としての平和がどのような意味を持ち、どのような状態を示すのかについて講義いただきました。