平成29年度第2回ひろしまイニシアティブ推進協議会開催

平成30年2月28日(水)広島大学 ひろしまイニシアティブ推進協議会を広島大学東広島キャンパスで開催しました。

今年度2回目となる本協議会は、自治体等と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進めることにより、学生が地域の課題等への認識を深め、解決に向けて主体的に行動できる学生を育成するとともに、社会と本学の新たな発展を生み出していくことを目的とし、広島大学がすすめている「広島大学COC事業」の母体となるもので、学長を議長に各理事、自治体関係者、各学部長などで構成されており、事業運営の決定を行うものです。

2回目の協議会では、高田理事・副学長(社会産学連携担当)の挨拶及び議事進行により、平成25年度の事業採択からこれまでの取り組みの総括となる成果報告、1月25日に実施したひろしまイニシアティブ推進協議会外部評価の結果、及び平成30年度以降の事業の進め方について、ひろしまイニシアティブ推進センターより説明を行いました。

本協議会は、今回を持ってその役割を全ういたしました。今後は、COC事業を契機に始まった各種取り組みの継続・展開、並びに後継事業である「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に参加校として取り組んでまいります。

(写真)学内構成員各位及び自治体関係者の皆さまより貴重なご意見をいただきました。

平成29年度第2回広島大学ひろしまイニシアティブ推進協議会 議事次第